転職したい看護師必見!福岡で働きやすい病院の正しい探し方

働きやすい病院を探すには簡単なコツがあります。知ってしまえば誰にでもすぐにできることなんですが、それを知らないと、痛い目に合う危険もあります。汗


■看護師は転職に失敗しがち?

看護師にアンケート調査をしてみると一生のうちに1度は転職を経験するのが約半数。さらに全体の4分の1(25%)は2回以上の転職を経験しているようです。

他の業界を見ると明らかに高い離職率を誇っているわけですが、転職を繰り返す人の中には、なかなか、思うような職場にめぐり合うことができないケースも多いんです。



看護師が転職で失敗したと感じる最大の原因は、「事前に聞いていたのと話が違う!」というケースです。

たとえば、研修制度が充実しているから入職をしてみたものの、制度はあくまでも建前で、実際に研修を利用している人はほとんどいなかった、みたいなことが多いんです。




看護師が転職をする際には、やはり、事前にできるだけ情報を入手しておくべきです。表面的な情報だけではなく、できれば、実際に働いている人の声を聞けるのが一番です。

その意味で、看護師専門の転職サイトに登録する必要があります。サイトに登録をすれば、ハローワークとは比べ物にならない密度の情報を知ることができます。



サイトに掲載されている以外の情報を知りたければ、担当者(キャリアコンサルタント)を通じて内部事情を探ってもらうことだってできます。

師長の性格や職場の雰囲気、有給消化率や看護師の年代などなど、現場の生の情報を教えてもらえますよ。



■転職サイトへの登録は本当に必要?

濃い情報収集できるだけではなく、看護師専門の転職サイトに登録すべき理由がもう一つあります。それは転職ノウハウを教えてもらえる点です。


看護師が転職する際には、もはや看護師専門の転職サイトに登録するのが常識的となっています。同じ求人を申し込むライバルにもキャリアコンサルタントがついていて、転職の仕方についてアドバイスをしているはずなんです。

キャリアコンサルタントなしで転職活動をするのは、圧倒的に不利な状況に立たされます。少なくとも、同じ土俵で転職活動をするためにも、看護師専門の転職サイトの登録は必須だと思ったほうが良いですよ。



■転職成功者の共通点

看護師の転職成功者に話を聞いてみると、もう一つ興味深い経口があります。それは、看護師専門の転職サイトは1つだけではなくて複数登録している点です。

平均すると3サイト以上に登録をして転職活動をすることで、ほぼ全員が納得できる職場に入植を果たしています。



看護師専門の転職サイトによって、掲載している求人情報には違いがあることが主な原因です。より多くの求人を集めれば集めるほど、より良い求人を見つけられる可能性も高くなる、というわけです。

欲を言うと、10サイトでも20サイトでも、見つけたところにはかたっしから登録していくと良いんですが、実際には何サイトも登録してしまうとやり取りが非常に面倒になってしまいます。汗



そこで、できるだけ少ない数で、より多くの求人をカバーできる組み合わせを考えてみたところ、下記の3サイトに絞ることができました。



【看護のお仕事】給料アップ交渉にめっぽう強い!




【ナースではたらこ】入職後のアフターフォローも充実!



【マイナビ看護師】病院の要望を踏まえた面接対策が丁寧!





この3サイトに登録をしておけば、日本全国でおいしい求人を見逃すリスクがほとんどありません。非公開求人と言って、通常よりも条件の良い求人も幅広く掲載されています。

キャリアコンサルタントもベテランがそろっているので、看護師の転職をフルサポートしてくれます。悩みや不安なことがあれば、なんでも相談に応じてくれるし、力になってくれますよ。



看護師が転職活動を始めるにあたっては、やはりできるだけ早いほうが良いです。年齢が上がれば上がるほど、求人の募集枠が減ってしまうからです。

年齢が低いほうが、より多くの求人から希望の職場を選べますから、看護師専門の転職サイトの登録だけは早めに済ませて、情報収集をできるだけ早くスタートさせると良いですよ。



サイト登録にかかる手間は、スマホでも3分もあれば十分です。登録料も利用料も一切不要だし、退会するとなってもペナルティがあるわけじゃなくいつでもすぐに止められますよ。








キャリアコンサルタントを通じて待遇改善交渉をしよう!

キャリアコンサルタントは、看護師にとっては何から何まで相談できる頼もしい味方です。元看護師のキャリアコンサルタントもいますから、現場経験を活かしたアドバイスもしてくれます。
転職業界にも精通していて、転職ノウハウも心得ていますから、頼もしい限りなんですが、キャリアコンサルタントは実は交渉のプロでもあるんです。

看護師が転職する際、待遇面を気にする人が多いので、給料が上がる余地がないか?病院側と掛け合ってくれるんです。あなたのキャリアや経験を客観的に評価をして、基本給を上乗せしてもらうわけですね。
病院側としても、条件交渉をされても別に嫌な気持ちにはなりません。どこも基本的に人材不足なので、給料にちょっと色を乗せても、それで入職してくれたらありがたいわけですからね。

キャリアコンサルタントとしても、より高い給料(年収)で看護師の転職が決まれば、自分の営業成績も良くなりますから、快く引き受けてくれますよ。



大阪の働きやすい病院の給与の使い道

保険制度とは、突然起きる事故のせいで発生した主に金銭的な損失の対応のために、立場が同じ多数の者が定められた保険料を掛け金として納め、集められた保険料を資金にして予測できない事故が発生した者に掛け金に応じた保険金を給付する仕組みなのです。
働きやすい病院 沖縄


Y2Kともいわれた平成12年7月、大蔵省(現在の財務省)から金融制度の企画立案に関する事務を移管させて平成10年に誕生した金融監督庁を新組織、金融庁として再スタートさせた。さらには2001年1月、管理していた金融再生委員会が廃止され、内閣府直属の外局の「新」働きやすい病院 福岡となった。
15年近く昔の平成10年12月、総理府(省庁再編後に内閣府)の外局として国務大臣を組織の委員長と定める新しい組織である金融再生委員会を設置し、のちに金融庁となる金融監督庁は平成13年1月の金融再生委員会廃止・中央省庁再編までの間、その管理下に2年以上もあったのです。
知っているようで知らない。株式⇒債権ではなく出資証券(有価証券)であり、企業は出資を受けるだけで当該株主への出資金等の返済する義務は発生しないことがポイント。またさらに、株式の換金は売却という方法である。
中国で四川大地震が発生した平成20年9月15日に、アメリカの名門投資銀行であるリーマン・ブラザーズが破綻(倒産)したというニュースが世界中を驚かせた。この経営破たんが世界的な金融危機の引き金になったため「リーマン・ショック」と名づけられたというのが事実である。
【用語】外貨預金のメリットデメリット。銀行で扱うことができる外貨建ての資金運用商品の一つを指し、外国の通貨で預金する商品の事である。働きやすい病院 福岡の変動で利益を得られる反面、同じ原因で差損が発生するリスクもある(為替リスク)。
預金保険法に基づき設立された預金保険機構が支払う預金保護のための保険金の補償最高額は"預金者1人当たり1000万円(当座預金など決済用預金は全額)"です。預金保険機構は政府、民間金融機関全体がそして民間金融機関全体の三者がが同じくらいの割合で
MMF(マネー・マネジメント・ファンド)⇒公社債や短期金融資産(償還まで1年以内)で運用して利益を求める投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)のことを指す。注意が必要なのは、取得から一定期間(30日未満)に解約希望の場合、手数料になんと違約金も合わせて請求されるのです。
日本を代表する金融街である兜町の
特別の法律により設立された法人である日本証券業協会とは?⇒協会員である国内にあるすべての証券会社および登録金融機関の行う株券など、有価証券の取引(売買の手続き等)を厳正に加えて円滑にし、金融商品取引業の堅調な成長を図り、投資者を保護することを目的としている協会です。
ご存じのとおり、第二種金融商品取引業者(一種業者とは取り扱い内容が異なる)が新たにファンドを発売し、うまく運営していくためには、とてつもなく大量の「やるべきこと」、さらに「やってはいけないこと」が法律等により決められているということ。
金融商品取引業協会の一つ、日本証券業協会、この協会では国内にあるすべての証券会社および登録金融機関が行う株券など、有価証券の取引等を公正、そして円滑にし、金融商品取引業界全体が堅実な進歩を図り、出資者の保護を協会の目的としているのだ。
働きやすい病院 大分


日本を代表する金融街である兜町の"東京証券取引所(兜町2番1号
平成7年に全面改正された保険業法の定めに従い、いわゆる保険会社は生命保険会社または損害保険会社に分かれることとされており、どちらの会社も内閣総理大臣から免許(監督および規制は金融庁)を受けている会社しか設立できないとされている。
そのとおり「金融仲介機能」と「信用創造機能」加えて「決済機能」、この3つの機能の総称を銀行の3大機能と言うことが多く、銀行の本業である「預金」「融資(貸付)」「為替」加えて銀行の持つ信用によって機能していることを忘れてはいけない。